2009年04月04日

らせん視覚効果の実験コンテンツを作りました

サイト「ミナモハモン」に、新たなコンテンツを加えました。カラフルな「らせん」が回転します。

コンテンツ「うずまき」はこちらです。

螺旋回転の視覚効果コンテンツ
マウスポインタの位置に応じて、うずの回転の速さが変わります。色は全部で20パターンあります。どの渦が心地よいでしょうか。

操作のしかた
・マウスポインタを画面の真ん中に置くと「うず」の回転が止まります。
・そこから右に動かすと、ほとんどの「うずの線」が右回転します。右に動かすほど回転のスピードが増します。左に動かすと逆回転です。
・マウスを中央から上に動かすと、「うずの線」のうち1本が右回転します。下に行くと逆回転です。
・クリックすると「うず」のうち1本が逆回転します。
・マウスを同じ位置で停止させると「ピッ」と音がして、そこでロックします。コンテンツの上でマウスを動かすとロックが解除します。
・右下の「color」ボタンで色をチェンジします。

あなたが一番気持ちいいと感じるうずは、どの色の、どの動きでしょうか。確かめてみませんか?

コンテンツ「うずまき」はこちらです。

螺旋回転の視覚効果コンテンツ
らせんぐるぐるかいてん
初期画面で表示される黄色地の螺旋は、子どものころに図鑑で見たきれいなカタツムリの色を思い出しながら作りました。
サイト「ミナモハモン」では、今後も「ゲーム」を作っていくつもりです。今回アップした「うずまき」のようなコンテンツは「ゲーム」ではないので、どう呼べばいいのか迷っています。「視覚的に面白くて、ユーザーの操作に機敏に反応するコンテンツ」というコンセプトで作っています。



タグ:視覚実験
posted by マシモ ユタカ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ミナモハモン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28259052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページのいちばん上へ戻る